マイ・バック・ページ

スタッフ 1/2

監督:山下敦弘

写真:山下敦弘監督

1976年8月29日愛知県生まれ。
高校在学中より自主映画制作を始め、95年、大阪芸術大学映像学科に入学、熊切和嘉監督と出会い『鬼畜大宴会』(97)にスタッフとして参加。その後同期の向井康介、近藤龍人と共に短編映画を制作する。初の長編『どんてん生活』(99年)で、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門グランプリを受賞。長編2作目の『ばかのハコ船』(02)も各地の映画祭で絶賛され、その独特でオリジナリティにあふれた世界観が絶賛された。つげ義春原作の『リアリズムの宿』(03)、『くりいむレモン』(04)等を経て、初の35ミリ撮影による『リンダ リンダ リンダ』(05)で女子高生バンドの青春を瑞々しく描いてロングランヒットを記録する。『松ヶ根乱射事件』(06)に続き手がけた『天然コケッコー』(07)は、第32回報知映画賞監督賞、第62回毎日映画コンクール日本映画優秀賞をはじめ数々の賞に輝いた。その後も中短編ドラマ等を十数本監督、熱狂的ファンも数多く、演出のオファーが絶えない。今の日本映画界において常に最新作が待たれる若手監督の筆頭とでも言うべき存在である。

▲ページのトップに戻る